ブッフォン、子どもの頃から憧れるトーマス・ヌコノに出会う

ユベントスの守護神GKジャンルイジ・ブッフォンが16-17プレシーズンマッチの裏側で、子どもの頃から憧れているトーマス・ヌコノに出会っていたのでご紹介!8月13日に行わたプレシーズンマッチvsエスパニョール戦の裏で、ブッフォンは「不屈のライオン」こと元カメルーン代表GKトーマス・ヌコノに出会っていた。

ヌコノはブッフォンにとって子どもの頃からのアイドル。

1990年イタリアワールドカップでアフリカ勢初の準々決勝進出果たしたカメルーン代表の一員だった。

当時12歳のブッフォンは、その大会でのヌコノのプレーに衝撃を受けて本格的にゴールキーパーを目指し始めた。

長男のルイス・トーマスの名前は、トーマス・ヌコノから命名したというほど敬愛している。

ヌコノは現役時代所属していたエスパニョールでGKコーチを務めていたこともあり、今回の二人の再会に至った。

ケルンとのプレシーズンマッチが中止になって急遽組まれたエスパニョール戦だったが、ブッフォンにとっては新シーズンを迎える前にさらにモチベーションが上がる出会いになったはず。

いつかブッフォンもコーチになり後進の育成を担当する時に、これとまったく同じエピソードが生まれるかもしれない。

以上、プレシーズンの裏側で起きたちょっといい話。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)