CL制覇だけがプロ22年目のブッフォンには足りない!

16-17シーズンでキャリア22年目を迎えるジャンルイジ・ブッフォン、最後と公言していたEURO2016は獲ることが出来なかった。

2018ワールドカップをキャリア最後の目標に掲げているブッフォンに足りないのCL制覇だけ。

デビュー

95-96シーズン、パルマで当時17歳9ヶ月のブッフォンがACミラン戦でセリエAデビュー。

YOUTUBE(1:40)

ここからブッフォンのキャリアはスタート。

98-99年はパルマで3つのタイトルを獲得。

まずはコパ・イタリア。

カンナバーロ、テュラム、ブッフォンの「ゴール前の三銃士」が有名。

UEFAカップ。

ヴェロン、クレスポ、キエーザといったセリエAの歴史に必要不可欠な選手たちが在籍していた。

イタリア・スーパーカップはこれまで6回も獲得。

スポンサーリンク

ユベントス

GKとして史上最高額の移籍金5230万ユーロ(当時約56億円)で、01-02シーズンからユベントスにやってきた。

セリエA7回(実際は9回)。

セリエBに降格するも移籍せずにユベントスを支えてくれた。

CL決勝は2回。

YOUTUBE(7:15)

CL制覇はブッフォンに唯一足りないモノ。

イタリア代表

カルチョ・スキャンダルの渦中にありながら2006ドイツワールドカップを優勝した。

EUROには4度出場したものの、残念ながらついに優勝はできずに終わった。

残り2年

ブッフォンは2018ロシアワールドカップをプロとしての最後の目標にして引退したいと語っている。

残り2年という期間の中で、ブッフォンがまだ獲得していていないのはチャンピオンズリーグのみ。

@ghiguain20_9 settles in to his new home! #BienvenidoPipita #PipitaLive #FinoAllaFine #ForzaJuve #InstaJuve

Juventus Football Clubさん(@juventus)が投稿した写真 –

ベナティア、ピアニッチ、イグアイン、アウベスといった即戦力選手の獲得はCL制覇への強い思いの表れ。

優勝したいというのは当然として、ブッフォンがユベントスに在籍している内に優勝したいというのも大きいはず。

そしてユベンティーノも、ブッフォンがビッグイヤーを掲げる瞬間を望んでいる。

16-17シーズン、17-18シーズンのユベントスは、本気でCL制覇を狙う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)