イグアインがトリノ到着!動き出した代表組とトッティの苦言

ユベントス移籍が正式発表されたFWゴンサロ・イグアインのトリノ到着の様子と、代表から戻ってきた選手、トッティのイグアインへの苦言をまとめてみた。

イグアインがトリノ到着

報道陣とファンで溢れる中、メディカルチェックに訪れたイグアイン。

メディカルチェック後は、背番号9のユニフォームを披露。

初練習は軽めのランメニュー。

早く白と黒のユニフォーム姿を見たい!

改めて数字を見ると、セリエAの3年間で71ゴールって凄すぎる。

スポンサーリンク

代表組が戻ってきた

EURO2016やコパ・アメリカに参加していた選手が少しづつトリノに戻ってきた。

休暇のため夏のツアーに参加していなかったダニエウ・アウベス、マンジュキッチ、リヒトシュタイナーが揃って練習を開始。

リヒトシュタイナーとアウベスの静かなライバル争いはもう始まっている。

イタリア代表とフランス代表の選手の合流はまだ先になりそうだが、休暇組とツアー組の合流が早くも楽しみ。

トッティの苦言

イグアイン移籍に対する批判に、ローマの顔フランチェスコ・トッティも加わった。

「ファンは楽しむためにスタジアムに行く。チームに忠誠を誓う選手を見るためにね。裏切られるなんてことは期待していない。イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したのは完全な失敗だよ」(引用 Gaol.comより)

言いたいことはわかるけど、それを言い始めたらどの選手もずっと同じクラブに所属しなければならない。

ローマ一筋のトッティだからこその発言だが、必ずしも正しいとは思えない。

まあピアニッチをローマから獲得したユベントスがあれこれ言えることではないですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)