ユベントスのDF陣が多すぎると話題になっている件

着実に補強を進めるユベントスだが、DF陣の戦力が多すぎると話題になっている。16-17シーズンに向けて、ダニエウ・アウヴェスとメフディ・ベナティアがDF陣に加わった。

悲願のCL制覇に向けて即戦力の選手を獲得してきたわけだが、明らかに戦力過多になっている。

エブラ、サンドロ、キエッリーニ、ボヌッチ、ベナティア、ルガーニ、バルザッリ、リヒトシュタイナー、アウヴェスとスタメンクラスの選手が9人。

3バック、4バックどちらを採用しても、毎試合ターンオーバーしても余ってしまうほどの選手層。

エブラは左サイドの選手ではファーストチョイスなので笑っていられるが、他の選手はそうはいかない。

特にルガーニとリヒトシュタイナーは、ベナティアとアウヴェス加入の影響をモロに受ける。

ポグバの動向次第で、ユベントスの移籍市場での動きはまだ大きなる。

戦力整理も含めて、注目していきたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)