イグアインのユベントス移籍が起こすメリット・デメリット

ナポリFWゴンサロ・イグアインのユベントス移籍が話題になっているので、仮に移籍が実現したら起きるであろうメリット・デメリットをまとめみた。

 メリット 

  • 選手層の充実

現在のFW陣はマンジュキッチ、チェッリ、ディバラ、ザザ、ティアムの5人。

チャンピオンズリーグとセリエAを狙うチームとしては、若干心もとない。

15-16シーズンに36ゴールを奪ったイグアインの加入は、モラタの抜けた穴を埋める以上の価値がある。

  • セリエAのレベルアップ

ユベントスとは争う立場にあるローマのスパレッティ監督は、意外にも賛成の姿勢を示した。

「イグアインがユヴェントスに加入すれば、セリエAの全体的なレベルを引き上げることになるだろう。ユヴェントスはまた一人素晴らしい選手を手に入れ、CL優勝を目指すことになる。最も高い目標を持つことができる」
「結果として、ナポリは今までと同じく強いチームを作り上げるためにその金を使うことができるだろう。トップクオリティーの選手を4人や5人獲得できるはずだ」(引用 Gaol.comより)

セリエAが再び輝くには、ヨーロッパの舞台での躍進は必要不可欠。

ユベントスのCL制覇とセリエAのタレント増加は、結果的にイタリア全体を押し上げることになる。

スポンサーリンク

 デメリット 

  • FW陣の不和

15-16シーズンのユベントスのFWのポジション争いは、テベスの退団もあり平等な形でスタートした。

そこで結果を残したディバラと、ハードワークをこなすマンジュキッチ、大事な場面で決めるモラタがファーストチョイスになった。

イグアイン加入の場合、昨季結果を残したディバラとイグアインが2トップを組む機会が増えるだろう。

今季もマンジュキッチに掛かる期待は大きいが、本人に不満が募らないようなマネジメントが必要だ。

  • セリエAの停滞

先に挙げたメリットは、事がうまく運んだ場合に限った話だ。

もしユベントスがイグアインを獲得すれば、ローマからピャニッチ、ナポリからイグアインを結果的に奪う形になる。

昨季の1位のチームが2位、3位のチームから主力を獲得して、そのチームが補強に成功しなければ明らかに戦力ダウンになる。

結果の分かりきったリーグ戦は、魅力半減の戦いになってしまうかもしれない。

大物選手の移籍には常に大きなメリット・デメリットはあるが、ユベントスのCL制覇に必ず貢献できる選手なので、是非獲得してもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)