14-15CL決勝とは違うポグバの姿に成長を感じたEURO2016決勝

残念ながらUEFA EURO2016決勝でフランス代表はポルトガル代表に敗れて、準優勝という結果に終わった。試合後のポグバの姿を見て感じた成長についてまとめてみた。

14-15CL決勝

昨年のCL決勝。ユベンティーノ以外にも、ピルロの涙とポグバの男気に感動したファンも多い。

そして今季、スタートダッシュは悪かったものの、結果的に国内ではほぼ敵なしとなっているユベントス。

ピルロ、ビダルの移籍もあり、ポグバはすでに期待の若手選手ではなく、完全にチームの大黒柱になった。

たった1年しか経っていないが、今シーズンでポグバは確かに成長している。

EURO2016決勝

So near, yet so far. #PORFRA #EURO2016

UEFA EURO 2016さん(@uefaeuro)が投稿した写真 –

メダルをもらってこの表情。

もちろん母国開催なので、余計に悔しさが滲み出ている。だが、この感情こそポグバに足りなかったものではないか。

まだまだ満足しない姿勢。ユベントスの大黒柱になったことで、例え全てを出し切ったとしても、勝利以外には満足しないという心構えが身に付いたのではないか。

昨年の敗北した時とは違う表情のポグバに成長を感じた。だが逆に、変化を求めて移籍に踏み出すのではないかという危惧もある。

移籍市場で何が起きるかはまだわからないが、ピルロの魂を継いで、CL優勝という結果を残すまでは、ポグバのユベントスを残留を切に願う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)