ウェールズ準決勝へ!ここまでのベイルとロナウドを比較してみた

7月1日UEFA EURO2016の準々決勝2日目ウェールズ代表対ベルギー代表が行われ、3-1でウェールズ代表が勝利。試合の動画紹介&ウェールズ代表のベイルと、ベスト4で戦うレアルの同僚ポルトガル代表ロナウドのここまでのデータを比較してみた。

ウェールズvsベルギー

試合前のファンの様子。

ベルギーがナインゴランの一発で先制。この距離を躊躇なく打てるのが一流の証。

ウェールズがキャプテンのウィリアムスのヘディングで同点。プジョルとかもそうだったけど、キャプテンてなぜか本当に大事なところで点を決めてくれる。

ウェールズがカヌの神ターンで逆転。完璧にDFが逆に振られてる。CFらしいゴール。

ボークスのゴールで突き放したウェールズが3-1で勝利。

すごい良い雰囲気。

準決勝のカードが決定。ポルトガル対ウェールズ。

ロナウドvsベイル

準決勝の注目はやはりロナウドとベイル。ある意味来季のレアルでの序列を占う一戦になるかもしれない。

ベイル

ゴール3 アシスト1

枠内シュート13 枠外シュート5

パス成功率76% 被ファウル数8

ロナウド

ゴール2 アシスト2

枠内シュート10 枠外シュート14

パス成功率89% 被ファウル数12

ベイルは少ない回数で結果を残し、ロナウドはトライ回数が多い印象。

どちらも得点王を狙える位置にいるので、そこも楽しみにしたい。

さあ次は明朝ドイツ代表対イタリア代表。ロナウド対ベイルもいいけど、まずはノイアー対ブッフォン。不安要素はデ・ロッシ欠場の可能性か。でもブッフォンのユーロでの有終の美を飾るために。明日はイタリアが勝ちます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)