アッレグリ監督「4-2-3-1を成長させていかなければならない」

ユベントスのアッレグリ監督による2017-18シーズンに向けた意気込みについてまとめました。

スポンサーリンク

アッレグリ監督

「来季は、チャレンジが2倍になる。敵だけなく、自分たち自身と向き合わなければならない。」

「CLファイナルの後、前年より難しくなるシーズンに向けて、最高の形で結果を残すことが出来るかどうか自己分析をした。」

「3度のスクデット、3度のコッパ・イタリアを獲得し、2度のCLファイナル進出を果たした後では、物事が悪い方向に進むリスクが常にある。」

「しかし私はすぐに決断した、クラブと話をして、すべてが素晴らしいシーズンに乗り込む準備万端であると確信した。」

「カーディフでは見事な前半戦を戦い、後半を迎えたが、何人かの選手のコンディションがピークではなかったという事実の代償を払うことになった。」

「我々は今は向いている。敗戦のことではなく、2017-18シーズン最初のタイトルに向けて、どのように改善していくかを考えている。つまり、8月13日のスーパーカップのラツィオ戦だ。

「ドウグラス・コスタはとても才能がある選手で、我々の移籍のターゲットのひとり。フェデリコ・ベルナルデスキは代表チームにとっても将来有望。パトリック・シックはまだユベントスの選手ではないが、彼は並はずれた才能を見せている。ディフェンスに関しては、すでに上手くいっている。」

我々は4-2-3-1を成長させ続けなければならない。選手数の観点からは、攻撃陣を除いて、十分に見えるが、出ていく選手の代わりが必要、クラブは常に準備している。

「我々の主要な目標はスクデット獲得、そしてコッパ・イタリア。CLに関しては、我々はトップ8の位置にいて、そこにい続ける事が最重要。」

「私はスパレッティとディ・フランチェスコの成功を祈っている。インテルはすでに強力なスカッドがあり、スパレッティが助けるだろう。ローマは昨季の強さを残すだろう。」

「確かなことは、誰もが我々を倒したいということだ。だから我々は、そうならないように、強い意志を見出さなければならない。」

オマケ!

Top 11 of 2016/17 – Serie A(3:05)

セリエA 16-17のベストイレブン!

GK:ブッフォン(ユベントス)
DF:コンティ(アトランタ)
DF:ボヌッチ(ユベントス)
DF:クリバリ(ナポリ)
DF:サンドロ(ユベントス)
MF:ナインゴラン(ローマ)
MF:ハムシク(ナポリ)
MF:メルテンス(ナポリ)
MF:マンジュキッチ(ユベントス)
FW:ジェコ(ローマ)
FW:ベロッティ(トリノ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2 comments for “アッレグリ監督「4-2-3-1を成長させていかなければならない」

  1. genoa
    2017年6月15日 at 7:53 PM

    来期は前線の交代が状況によって変えることができそうですね。
    今期は途中から変えたため本職ピアツァのみ(怪我)でしたから

    • socceromoteura
      2017年6月16日 at 12:58 PM

      4-2-3-1には前線の人数が足りなかったのは明らかですし、シーズンを通して戦える戦力を揃えてもらいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)