モラタとチェルシー&アッレグリ監督「エヴラに感謝」

ユベントスからレアル・マドリードに復帰したFWアルバロ・モラタとコンテ監督の指揮するチェルシーFC、本日2/5のインテル戦に向けたアッレグリ監督のコメント、インテル戦の招集メンバーについてまとめました!

モラタ

アルバロ・モラタはチェルシーのコンテ監督が根気よく追い続けている選手。
中国の天津権健に移籍濃厚なジエゴ・コスタの代わりとして考えている。(情報:tuttosport

スポンサーリンク

現在モラタはジダン監督のファーストチョイスではなく途中出場ばかり。

念願のレアル復帰を果たしたが、レギュラー獲得の厳しさは承知していたはずなので仕方がない部分もある。

イタリア人の彼女の影響でユベントス復帰という噂同様、そこまで具体的な話ではないだろう。

ただやっぱりレアルで結果を残して欲しい気持ちも強い。

たった1年で諦めずに戦い続けて欲しい。

アッレグリ

アッレグリ監督はインテル戦(2/5)に向けた前日記者会見で数人の選手について言及。

  • 「マルキジオは良くなってきているので、出場可能。バルザーリは発熱のためトレーニングに参加しなかったが、明日出場できるか評価する。」
  • 「ディバラのコンディションも良くなっている。皆から注目されるが、バロンドールを目指すような選手にとって、それは普通のことだ。」
  • 「リヒトシュタイナーの契約延長は嬉しいが、ダニエウ・アウヴェスが重要であるのも間違いない。エルナネスのUEFA CL登録リストに関して申し訳ないが、監督は難しい決断を下さなければならない。ピアニッチは並外れた選手。今は好みの位置でプレーし、ゲームをコントロールしている。」
  • 「エブラに挨拶をして、感謝の気持ちを述べた。ピッチ内外での彼の人格が、チームや若い選手を成長させてくれた。」

スポンサーリンク

アッレグリ監督と同じく、本当にエヴラに対しては感謝しかない。

新天地での活躍を遠くから願っています!

招集メンバー

以下、インテル戦の招集メンバー。

これまでは必ず誰かしらが怪我で離脱している状態だったが、マンドラゴラが怪我から復帰したことにより、やっと今シーズン初めてフルメンバーが揃えられる状況になった。

エルナネスは招集外になったが、アッレグリ監督の言うように難しい決断をしなければならない時もある。

最後に過去のイタリアダービーの映像!

いつ見てもマルキジオのゴールは美しい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)