マリオ・レミナの怪我&リカルド・ロドリゲスとミラン・バデリ

ユベントスからガボン代表としてANC(アフリカネイションズカップ)に招集されていたMFマリオ・レミナの怪我、VfLヴォルフスブルクのDFリカルド・ロドリゲス(Ricardo Rodríguez)とACFフィオレンティーナのMFミラン・バデリ(Milan Badelj)の移籍の噂についてまとめました!

レミナ

マリオ・レミナは腰痛に苦しんでいる。
骨浮腫が検出され、より精密な検査が必要。(情報:JUVENTUS Sito Ufficiale

まだ詳しい容体は発表されていないが、すでに代表からは離脱してトリノに戻り検査を行うとのこと。

ただの腰痛であることを祈りましょう。

スポンサーリンク

リカルド・ロドリゲス

ヴォルフスブルクの24歳のDFリカルド・ロドリゲスはインテルのターゲットであり、ラノッキアを含めた様々な提案がされているが、両者の要求には開きがある。
交渉が決定しない状況にマルセイユも加わり、チェルシー、アーセナル、ユベントス、ミランもスイス人DF獲得レースに加わろうとしている。(情報:gazzamercato

この冬にパトリス・エヴラが退団した場合の補強選手候補。

しかしここ数試合アサモアが本来の左サイドで復調気味なので、仮にエヴラが退団しても1月に急いで獲得する必要はなさそうだ。

Ricardo Rodriguez 2016-17 動画(5:43)

ミラン・バデリ

フィオレンティーナはミラン・バデリをシーズン終了まで引き止める決断をした。
2018年6月30日で契約満了となるが、本人の意志では契約延長をしないだろう。
フィオレンティーナが移籍金1200万ユーロを要求していることが、交渉を難航させている。
主にACミランと交渉中だが、インテルとユベントスも優秀なミッドフィルダーを探しており、戦う準備は出来ている。(情報:gazzamercato

エルナネスの退団が濃厚ということもあり、このポジションは多くの選手の名前が挙がっている。

冬の移籍市場はもう残りわずか、誰かがユベントスから移籍しない限り、夏まで大きな動きはないだろう。

Milan Badelj 2016-17 動画(5:02)

最後に明朝のコッパ・イタリアACミラン戦の招集メンバーをご紹介。

ブッフォン、エヴラ、マルキジオが招集外。

今シーズンすでにミラン相手に2連敗、次は絶対に負けられない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)