ファブリシオ・カリガラとモイーズ・キーン&中国から今度はユベントスのダニ・アウヴェスにオファー?

ユベントスの下部組織プリマヴェーラでプレーしている2000年生まれのMFファブリシオ・カリガラFWモイーズ・キーン、中国からのオファーが噂されるDFダニエウ・アウヴェス、ラツィオ戦後のMFサミ・ケディラMFミラレム・ピアニッチのインスタグラムをご紹介します!

カリガラ

ユベントスの下部組織にはモイーズ・キーンだけでなく、ファブリシオ・カリガラ(Fabrizio Caligara)もいる。
ファビオ・グロッソ監督の元で花開いたカリガラに対し、ユベントスは最初のプロ契約を結ぶ準備をしている。(情報:tuttosport

スポンサーリンク

ファブリシオ・カリガラはモイーズ・キーン同様、2000年生まれの世代の選手。

ファブリシオ・カリガラvsオリンピック・リヨン(5:29)

動画を見る限り、左利きの中盤ということでロランド・マンドラゴラを思わせる。

16歳の若さで身長も180cmと大きく、将来的には大型のミッドフィルダーとしても期待できそう。

プリマヴェーラの宝である二人が、数年後にトップチームでも輝くことに期待しましょう!

アウヴェス

中国スーパーリーグの3つのクラブが、ユベントスで約2ヶ月ぶりに怪我から復帰したばかりのダニエウ・アウヴェスに求愛。
河北華夏、カンナバーロ監督の天津権健、上海SIPGの内、ビラス・ボアス監督の上海はアウヴェスに1000万ユーロの年俸でオファーするようだ。(情報:gazzetta

中国は規制強化の方向に進んでいるので、今後はそう簡単に実現しないだろう。

しかし昨年夏にフリートランスファーで獲得したばかりのアウヴェスに対してオファーがあるなら、検討の余地は十分ある。

ただリヒトシュタイナーの契約が2017年の夏で切れるので、現実的には厳しいだろう。

ラツィオ戦後

ますはケディラ。

「キエッリーニとマッチアップするのがどんな感じなのか今わかったよ…相手のストライカーたちが気の毒だ…」

結局試合終了まで出場はしていたが、大事に至らなくて良かった。

マルキジオが戻れるようならACミラン戦(1/25)は無理して欲しくはない。

続いてピアニッチ。

Grandissima partita ! Complimenti ai ragazzi #finoallafine⚪️⚫️

Miralem Pjanićさん(@miralem_pjanic)が投稿した写真 –

注目はピアニッチの右足、ちゃっかりラツィオのユニフォームを踏んでいる。

他の選手ならまだしも、元ASローマのピアニッチだから余計に批判を受けている。

ローマ・ダービーがユベントスに飛び火するような事態にならないと良いのだが。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)