マンジュキッチの代わりはサンチェス?アグエロ?

度々退団が噂されるユベントスのFWマリオ・マンジュキッチの代わりはFWアレクシス・サンチェスFWセルヒオ・アグエロか、SLベンフィカのDFビクトル・リンデロフの契約更新、本日行われるツィオ戦の出場選手についてまとめました!

マンジュキッチ

マンジュキッチはパウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインのサポート的な役割としてプレーするのではなく、新しいチームに加入するだろう。
少なくとも現時点では、中国から受け取った莫大なオファーに対してYESと返答した。
そのためにサンチェスとアグエロのオプションが話題になっている。(情報:tuttosport

スポンサーリンク

サンチェスは以前から名前は挙がっていたが、アグエロは意外。

FWガブリエル・ジェズスのマンチェスター・シティ加入でグアルディオラ監督が放出を検討というニュースがこの噂の出処かもしれない。

マンジュキッチに規格外のオファーがあれば大型補強の可能性もありということでしょう。

マンジュキッチには残留してもらいたいが、アグエロ・イグアイン・ディバラのアルゼンチン人トリオによる3トップは大きな話題を生みそう。

だがあくまでマンジュキッチが移籍する場合の話であって、前線はコンビネーションを向上させることが最大の補強であり、最優先すべきは中盤のハイクオリティな選手を獲得すること。

リンデロフ

かなり前からユベントスのマーケットのノートブックに名前のあったスウェーデン人CBビクトル・リンデロフは、ベンフィカと年俸100万ユーロ、契約解除金6000万ユーロという強固な契約更新をする見込み。(情報:gazzanet

ベンフィカは常に若くて優秀なタレントを抱えている印象。

実現したらメルベリ以来のスウェーデン人DFかな?

だがセンターバックはすでにルガーニ、カルダラを確保しているので、リンデロフのように高額な移籍金が必要な選手を追いかける必要は今のところない。

スポンサーリンク

ラツィオ戦

アッレグリ監督の前日記者会見より、今日2017年1月22日に行われるラツィオ戦のスタメン、復帰選手に関する部分が以下。

  • スタメンはボヌッチ、キエッリーニ、リヒトシュタイナー・アサモアの4バック。
  • ダニエウ・アウヴェスはトップコンディションではないが、30分程度ならプレー可能。
  • マルキジオは筋肉の問題で招集外だが、コッパ・イタリアのACミラン戦(1/25)には間に合う。
  • ピアニッチをどこで起用するかはまだ決めていない。
  • ピアツァは先発ではないが、出場するだろう。

エヴラは相変わらず招集外、冬の移籍市場も残り10日を切ったのでそろそろ結論を出して欲しい。

フィオレンティーナ戦の敗戦を引きずらないためにも、今日は絶対勝利しかない!

今日はデーゲームなので、時間の間違いのないように気を付けてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1 comment for “マンジュキッチの代わりはサンチェス?アグエロ?

  1. genoa
    2017年1月22日 at 8:35 PM

    アグエロは契約更改したとの情報があったり、
    無いとは思いますが仮に取ったらテベスとかぶりますね。最後は故郷のアルゼンチンでプレイするとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)