ユベントスのローン移籍に関する噂&ブッフォンがユベントス通算600試合出場

ユベントスのローン移籍に関する噂とGKジャンルイジ・ブッフォンのユベントス通算600試合出場についてまとめました!

Buffon has now made 600 appearances for Juventus 👏

Goalさん(@goalglobal)が投稿した写真 –

先月打ち立てたセリエA通算600試合出場達成という記録に続き、イタリアスーパーカップ2016のACミラン戦でユベントス通算600試合出場達成という記録を打ち立てた。

もし勝利していればこの記録にも華を添えることだできただけに残念。

TAMOILが胸スポンサーの頃ってもう10年近く前、それよりもずっと前からユベントスに在籍しているんだから本当に信じられない。

スポンサーリンク

ローン移籍で他チームへ

成長と回復の進行を達成するため、若手のDFフェデリコ・マッティエッロとMFロナルド・マンドラゴラはローン移籍をする可能性がある。(情報:gazzamercato

ユベントスでは多くの出場機会を得られない若手選手は、当然ローン移籍の対象になる。

現在サッスオーロにローン移籍中の右SBポル・リロラもその一人。

ダニエウ・アウヴェスの負傷離脱で真っ先に補強候補で名前が上がったのがリロラだったように、とにかく試合に出場しないと評価されない。

両選手ともに大きな怪我からの復帰で焦りがあるかもしれないが、一歩ずつユベントスのトップチームへの階段を上がっていってもらいたい。

ローン移籍中の選手

DFメディ・ベナティアはFCスパルタク・モスクワだけでなく、オリンピック・マルセイユからも興味を寄せられている。
リュディ・ガルシア監督はASローマ時代にベナティアを指導した経験がある。(情報:calciomercato

FWシモーネ・ザザはロンドンで不遇の時を過ごしている。
ウェスト・ハムはイタリア人ストライカーの代わりを探している。(情報:calciomercato

どちらも実力があるのは確かなので、こうした噂は絶えないだろう。

ベナティアに関しては来夏にユベントスが買い取りオプションを行使するかどうかがまず第一にあるので、他のクラブの動向はユベントス次第。

ただザザに関しては試合出場数による買い取り義務付きの契約なので非常に厄介。

この冬の移籍市場でウェスト・ハムがザザを放出するには、ユベントスと新しい移籍先の両者と交渉しなければならないはず。

誰を獲得するのかにももちろん注目だが、ユベントスに所属している多く選手たちの行方も気になるマーケットになりそうだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)