リヒトシュタイナー「ユベントスのCL登録メンバーに戻りたい」

ユベントスでチャンピオンズリーグ登録メンバーリストから漏れたステファン・リヒトシュタイナーのインタビューをご紹介します!

  • リヒトシュタイナー 「ビッグクラブに所属していると、常に勝つことを考えなければならない。 勝利と次の目標のことを考えなければならないので、勝利を喜ぶことは難しいこともある。 もし6年連続でスクデット獲得できなければ、それはユベントスにとっては敗北とも言えるが、5年で10個のタイトルを獲得できたことは幸せだ。 今はユベントスでセリエA、コッパ・イタリア、CLの優勝しか考えていない。 ヨーロッパの選手であり続けたいので、2月にはCL登録メンバーリストに戻りたい。」(情報:tuttosport

1月にバルセロナへの移籍も噂されていますが、本人からこうした言葉が聞けて安心しました。

ですがリヒトシュタイナーの立場から考えると、CL登録メンバー入りという目標を明確に掲げたことで、これが実現しない場合、クラブはリヒトシュタイナーの希望を受け入れなかったということになります。

戦術的な理由やクラブの方針でメンバーから漏れたことに対して、個人的な感情を振りかざして反発する選手でありませんが、不満は間違いなくあるでしょう。

現在のユベントスはCLグループHで2位、残り2戦どちらかを勝利、もしくは3位のリヨンが一試合落とせば、グルーステージ突破が決定します。

決勝トーナメント進出を決めれば、人数枠は変わらないが、2月1日までに3選手を新規登録することができます。

そこでリヒトシュタイナーがCL登録メンバー入りするのか、しなかった場合にリヒトシュタイナーはどう対応するのか。

冬の移籍市場の動向次第ですが、リヒトシュタイナーが決勝トーナメントの登録メンバーに復帰することを信じています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)