ユベントス、アウベス&マスチェラーノ即戦力補強へ!CLで勝つためなら何も惜しまない

マスチェラーノに続いてダニエウ・アウベス獲得との情報もアップされてきた。今期国内でスタートダッシュに失敗するも、結果的にほぼ敵なしの状態で優勝したユベントス。来季の最優先事項はチャンピオンズリーグ制覇。そのためには何も惜しまないで欲しい。

バルセロナからユヴェントスに移籍する可能性があるのは、MFハビエル・マスチェラーノだけではないようだ。スペイン『カデナ・セール』は25日、DFダニエウ・アウベスがフリートランスファーでユーヴェと3年契約を結ぶと報じた。

D・アウベスは昨年夏、紆余曲折を経てクラブとの契約を延長した。だが、2017年までの契約にはフリーで退団できる条項が織り込まれているとも言われる。

今季、3-5-2を軸に戦ってきたユーヴェの右サイドは、DFシュテファン・リヒトシュタイナーとともにMFフアン・クアドラードが務めてきた。だが、レンタル移籍だった同選手は、チェルシーに復帰するとみられている。

『カデナ・セール』によると、D・アウベスはフリートランスファーでバルサを退団し、ユーヴェと3年契約を結ぶという。だが、バルサ側がこれを否定したとの報道も浮上している。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、ユーヴェサイドに楽観的な雰囲気が漂っているとも報道。だが、ジュゼッペ・マロッタCEOは3年契約ではなく、2年契約を望んでいるとも伝えている。

2008年からバルサでプレーし、数々のタイトルを手にしてきた33歳は、イタリア挑戦の道を選ぶのだろうか。

ダニエウ・アウベス

(引用 http://www.goal.com/jp?ICID=AR ユーヴェ、D・アウベスも獲得へ? フリー移籍で3年契約との報道 2016/05/26 8:39:06)

戦力が多いのは嬉しいことだが、多すぎると困ることは確かにある。プロの集団としての選手のプライドやモチベーションは複雑で、監督やスタッフの手腕が試される。今後はさらに表から見える選手の動向以外にも注目していこうと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)