マンチェスター・シティCEOがボヌッチ移籍騒動について語る

マンチェスター・シティやニューヨーク・シティを傘下に置くシティ・フットボール・グループCEOフェラン・ソリアーノがボヌッチ移籍騒動について語りました。

  • グアルディオラに指導されたい選手は多く、ボヌッチもその一人。
  • ユベントスと話したが、返答は明らかに拒否的だった。(情報:tuttosport

🏁⚽️⚪️⚫️ #OLJUV #championsleague #LB19 #finoallafineforzajuventus

Leonardo Bonucciさん(@bonuccileo19)が投稿した写真 –


ボヌッチに対するオファー、というよりも打診は確実にあったようです。

2016年夏の移籍市場では噂だけで終わりましたが、ボヌッチはまだまだ一線級で活躍が期待できる選手なので、これからもオファーは続きそうです。

本人が昔からユベンティーノであること、家族の体調などプライベートの問題があったことを考えると、ボヌッチ本人にとってユベントスでプレーし続けることがベストなのではないでしょうか。

また今後さらに厳格化されるかもしれないホームグロウン制度のためにも、ユベントスとしては主力級のイタリア人選手を手放したくはない。

マンCだけでなく、コンテ監督率いるチェルシーが獲得に乗り出してきても不自然ではないので、ボヌッチ流出を避けるための策も用意しなければいけない。

ボヌッチとは2020年まで契約延長をしたが、より好条件での契約の延長や見直しも必要なのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)