ベナティア、検査次第で1ヶ月間離脱の可能性

セリエA16-17第4節vsインテル戦で負傷交代したユベントスのDFメディ・ベナティアの容態はどのような状態なのか。詳しい結果については一日待たなければならないが、ベナティアは1ヶ月間離脱の可能性あり。(情報:calciomercato.com

映像を見る限り、左足の太もも、内転筋か股関節の負傷と思われる。

10月の国際Aマッチデー明けのセリエA16-17第8節vsウディネーゼ戦から復帰ではないかと噂されている。

良いパフォーマンスを見せていただけに戦線離脱は本当に残念。

逆にここまで控えだったルガーニにとっては願ってもいないチャンス。

ルガーニはここで奮起しなければならない。

まだ今シーズンは始まったばかりとはいえ、セビージャ戦、インテル戦で生まれた停滞感を払拭するためにも、次のカリアリ戦はしっかりと勝ちきってもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)