ユベントスの「HD」って略称はいかがなものか

ユベントスのイグアイン(Higuain)とディバラ(Dybala)の2トップが「HD」と一部で呼ばれ始めたようですが、どうも「HD」という響きは好きになれない。セリエA15-16シーズンの得点ランキング1位イグアイン(36点)と2位ディバラ(19点)の合計得点は55。

バルセロナの「MSN」(メッシ、スアレス、ネイマール)、レアル・マドリードの「BBC」(ベンゼマ、ベイル、C・ロナウド)に匹敵する爆発力を持つイグアインとディバラを一部では「HD」と呼んでいる。

欧州を見渡しても、イグアイン(Higuain)とディバラ(Dybala)が形成する「HD」を超えるのは、バルセロナとレアル・マドリーだけだ。バルセロナではリオネル・メッシが26点、ルイス・スアレスが40点と合計66得点を記録。これにネイマールの24得点を追加すれば90得点にものぼる。また、レアル・マドリーもクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマがそれぞれ35点と24点を決めている。(引用:Goal.comより)

まあどれだけ二人がセリエA16-17シーズンでゴールを重ねても、これは流行らない予感。

しかしユベントスの攻撃陣がこうして話題になるということ自体は喜ぶべきことなのかもしれない。

Metiendo la mentalidad champions! 💪🏼 ⚽️⚪️⚫️

Paulo Dybalaさん(@paulodybala)が投稿した写真 –

トレーニングの一風景だけを切り取ってもこれだけ豪華なわけですから、今年こそユベントスがヨーロッパの舞台で戦う戦力が整ったと自信を持って言えるでしょう。

9月14日のチャンピオンズリーグvsセビージャ戦、勝利を収めて良いスタートを切りたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)