サミ・ケディラ「移籍市場は過熱しすぎた」

ユベントスからドイツ代表に招集されたサミ・ケディラが、ドイツ代表を引退したシュバインシュタイガーと、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したポール・ポグバについて語った。

  • シュバインシュタイガーのことをずっと尊敬してきたので、代表引退は残念。
  • フットボールの業界では、例えモウリーニョが他のプランを持っていても、受け入れるしかない。
  • 移籍市場は過熱しすぎた。
  • もしお金があれば、ポグバにもっとつぎ込んだだろう。(情報:welt.de

開幕から絶好調のケディラがいるおかげで、ポグバ不在の穴を埋められているような気がします。

ポグバと同じ働きを今ユベントスにいる選手に求める必要はない。

ケディラやピアニッチを中心に新しいユベントスの攻撃が見られる日が待ち遠しい。

10日サッスオーロ戦がピアニッチのデビュー戦になる見込み。

14日のチャンピオンズリーグvsセビージャ戦を考えるとケディラの出場はないかもしれないが、ピアニッチには開幕から2試合で十分には満足出来なかった攻撃面で、アイディアのあるプレーに期待したい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)