マテュイディとシュバインシュタイガーはユベントスに必要か?

ユベントスが獲得に興味を示しているブレーズ・マテュイディとバスティアン・シュバインシュタイガーは本当に必要なのか?

マテュイディ

まずマテュイディとの交渉の現時点での情報。

  • ユベントスは移籍金2200万ユーロ+500万ユーロのボーナスでオファー。
  • PSGは3000万ユーロまで引き上げたい。
  • マテュイディはユベントス移籍を希望している様子。
  • 代替案としてニューカッスルのムサ・シソコが挙げられている。(情報:gianlucadimarziotuttosport

マテュイディはリーグ・アン開幕戦から2戦連続で後半から途中出場。

エメリ監督はチームに必要な選手と公言しているが、実際の起用法を見ると現時点でスタメンとしては考えられていない。

Dinner time #reflexion #goodtime #enjoylife

Blaise Matuidi Officielさん(@blaisematuidiofficiel)が投稿した写真 –

余談だが、ディナーの画像をモノクロに加工してアップするマテュイディ。

白黒のユニフォームを着たいというアピールと受け取っていいのでしょうか?

スポンサーリンク

シュバインシュタイガー

ここにきてマンチェスター・ユナイテッドのシュバインシュタイガーの名前も挙がっている。

モウリーニョ監督から構想外にされていることもあり、ミラン・インテル・ユベントスが興味を示している。

Great event for a special player and mate. Enjoy your testimonial at Old Trafford tonight, @waynerooney! @manchesterunited

Bastian Schweinsteigerさん(@bastianschweinsteiger)が投稿した写真 –

しかしユベントスが今夏の最後に補強したい選手としては合わないだろう。

マルキジオとストゥラーロは怪我で戦線離脱中、ケディラとアサモアも過去に負傷が多いイメージが強い。

そこに膝を負傷したばかりのシュバインシュタイガーを補強するのは不安がつきまとう。

1月~2月にはアフリカネイションズカップ2017が予定されており、ユベントスからはアサモア、レミナ、ベナティアが招集される可能性が濃厚。

チームがシーズンを通して勝ち続けるためにも、中盤の選手の獲得して不安は排除しておきたい。

そしてその選手は、シュバインシュタイガーではなく、マテュイディであって欲しい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)