チェルシー、ルカクではなくマンジュキッチを狙う

チェルシーがエヴァートンのFWルカクではなく、ユベントスのFWマリオ・マンジュキッチにターゲットを変更したようだ。

  • エヴァートンはルカク獲得に8000万ユーロを要求。
  • コンテはより安く確実な戦力を好んでいる。
  • マンジュキッチは移籍金3000万ユーロ以下で、イグアインの活躍により移籍を決断するかもしれない。
  • アッレグリ監督は放出するつもりはないが、適正なオファーがあれば断れないだろう。(参考:tuttosport

リヒトシュタイナーと同じく、新戦力選手の獲得により出場機会が減りつつあるマンジュキッチ。

コンテ監督はディエゴ・コスタ、ロイク・レミーに次ぐ三番手と考えているようだが、マンジュキッチなら十分過ぎる戦力になる。

同じことはユベントスにも当てはまり、手放すにはあまりに惜しい選手。

移籍市場終了間際は常にこうした噂が増えるが、これは噂のまま終わってもらいたい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)